ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

メインメニュー
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 『アポカリプト』
webmaster


桜井敏浩 2007-6-20 18:16  [返信] [編集]

2006年/米国/監督:メル・ギブソン
原題:Apocalypto/カラー/138分
配給:東宝東和/公式サイト:http://apocalypto.jp/

こういった古代歴史物映画は、とかく製作者・監督の属する社会
(Ex.現代西欧社会)の見方や価値観、それに面白くするための
加工や誇張などが入る場合が少なくありません。はたしてこの
珍しいマヤ文明映画が、どこまで史実を再現しているか? 曲げて
いるか? も興味深いですね。(この映画は、リチャード・ハンセ
ン博士なる考古学者をコンサルタントに招き、綿密に打ち合わせ
たといっています。)

ともあれ、さっそく見て来ました。撮影はメキシコの熱帯雨林
地域で行ったようですが、主人公はじめかなりは北米ネイティブ、すなわち“インディオ”ではなく“インディアン”で、主人公の妻やマヤ族の兵士の何人かがメキシコ人、そして村の語り部やマヤ神官がマヤ系という俳優陣です。しかし、監督のこだわりで全編マヤ語(の何族の言葉か判りませんが)というユニークな
創り方です。

題名の“Apocalypto”は、ギリシャ語で「新たな時代」を意味し、マヤ族の生け贄を求める襲撃で壊滅した部族の生き残りが、妻子と村の再建に取りかかろうとすることと、最後のシーンでのスペイン征服者の到来によるマヤ社会の前途を暗示しています。

しかしながら、アステカの大量生贄はつと知られていますが、
マヤも生贄儀礼の習慣はあったとはいえ、この映画にあるほど
大規模な生贄を行っていたか? は要確認と思いました。
(世界的に話題を呼んだ前作「パッション」と同様、メル・ギブ
ソン監督はちょっと残酷なストーリーの映画ゆえ、あまり心臓
の弱い人にはお薦めしません。)
2 Re:映画 『アポカリプト』
桜井敏浩


桜井 敏浩 2007-6-29 12:24  [返信] [編集]

 さらに、これに加えて、私の友人からも以下の興味深い指摘があったので紹介します。重電機メーカーとして、ユカタン半島で工事を行った経験のある人の実際の現地事情ですから、かなり精度が高い意見と思います。

「僭越ながら小職が感じた『アポカリプト』のおかしな点は;
 (1)ユカタン半島には実際には川も大滝も無い。弊社が建設した 火力発電所はユカタン半島のど真ん中に位置していますが、水源は全て井戸です。発電所敷地の何倍もの井戸エリアを擁しています。

 (2)主人公が妻子を枯れた井戸に隠したという設定でしたが、ユカタンであれば、あの手の穴はすなわちセノーテ(cenote)です。中に水が溜まっているのが通常です。発電所のそばにも結構有名なセノーテがあって、欧米の観光客が水着を持って泳ぎに来ていました。さすがに小生は泳ぐ気になりませんでしたが、眼が退化した魚が生息していました。」

 なお、この映画について「アンデス文明研究会」の会報『チャスキ“Chaski”』35号の57〜59頁に、「古代マヤを描いた映画『アポカリプト』」と題して、やはり幾つかの疑問を呈した的確な評が載っています。
http://www.latin-america.jp/modules/weblinks/visit.php?lid=73
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band
検索
当協会HPリンクバナー

ラテンアメリカ協会ホームページリンクバナー
バナーが出来ました。リンクご希望の方はinfo@latin-america.jpまでお知らせ下さい。