ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

メインメニュー
[掲示板に戻る全部  1-  最新50
1 Café y Libros 1月前半クラス・イベントのお知らせ
webmaster


webmaster 2013-12-18 1:31  [返信] [編集]

 本年(2013年)Café y Librosは設立5年目を機に一般財団法人となり、ラテンアメリカの文化をより広くお知らせすべく、様々な活動を実施してまいりました。この間の皆様のご協力に深く感謝いたします。来年2014年もラテン文化サロンCafé y Librosは多様なプログラムを用意し皆様をお待ちしておりますので、引き続きふるってご参加ください。来年2014年が皆様にとって良いお年でありますようスタッフ一同願っております。

◆Lectura de versiones de Tango「タンゴの詞を読む」

 タンゴの歌詞にはルンファルドというタンゴ独特の言葉が沢山出てきます。
スペイン語が分かってもなかなか知ることのできない深い意味を、その歌詞にちなんだ映像なども使って説明します。歌詞を読みながらタンゴとアルゼンチンの歌の世界が広がるクラスです。

【講師】レオナルド・ブラボ(Leonardo Bravo)
日本在住アルゼンチン人ギタリスト。ギタリストとしての演奏活動のほかクラシックギターやラテン音楽等の指導者としての活躍も顕著。
http://www.leonardobravo.com.ar/seccion.php?id_seccion=2

【日時】ブラジル政府招聘による同国公演期日が決定次第、当クラス開催日が決まりますので、しばらくお待ちください。
なおクラス実施日時は決定後HPをご参照ください。
【テーマ】後日お知らせします。
【参加費】2,000円 (コーヒー・菓子付き)
 
レオナルド先生のすばらしい演奏が下をクリックするとお聞きになれます!
1)小松亮太氏との共演、http://whttp://www.youtube.com/watch?v=BII195BcNi8
2)タンゴカルテット、http://www.youtube.com/watch?v=3zCQaKec9-A
3)ギターソロ, http://www.youtube.com/watch?v=Jdwskb6HjQc
4)ギター二重奏, http://www.youtube.com/watch?v=XhxDlIp3DIA


◆第14回「ラテンアメリカー歴史の中の女たち」

 中南米の歴史を彩った女性を毎回一人ずつ取り上げ、その女性を取り巻いていた背景にも目を配りつつ、それぞれの時代の歴史を考察していきます。今回の主人公は19世紀、南米諸国の独立を主導したシモン・ボリバルと共に闘ったマヌエラ・サエンスで、このエクアドル女性の情熱的な生き方をご紹介します。

【テーマ】 マヌエラ・サエンス
【日時】 1月8日(水) 13:30〜15:00 (原則毎月1回)
【講師】伊藤滋子(ラテンアメリカ史研究家)
【参加費】1,500円 コーヒー・菓子付き
【用語】日本語


◆「ボサノヴァの詩を読む」講座

 ヴィニシウス・ヂ・モライスやトム・ジョビンが手がけたボサノヴァの名曲の詩を、ポルトガル語原文をたどりながら読みほどき、ブラジル音楽の豊かな世界にふれ、同時にブラジル社会やブラジル人の精神性も見ていきます。講義の最後には実際に歌ってみます! ポルトガル語が初めての方も十分理解できるよう、ていねいな解説をいたします。

【日時】2014年1月10日(金)18:30〜20:00 (原則毎月1回)
【テーマ】「カーニヴァルと〈仮装=幻想 fantasia〉の詩学」
【参加費】 各回2000円、学生割引1500円 (コーヒー菓子付き)
【講師】福嶋伸洋(ふくしまのぶひろ) 1978年、新潟生まれ。著書に『魔法使いの国の掟―リオデジャネイロの詩と時』(慶應義塾大学出版会)。訳書にマリオ・ヂ・アンドラーヂ『マクナイーマ』(松籟社)、共立女子大学専任講師。専門は「ブラジルとポルトガルの抒情詩と音楽」

1月7日(火)までに参加申込の予約を頂いた方にはクラスで使う音源のCDコピーをプレゼントします!


◆Clase de cuatro クアトロのグループレッスン

【講師】出口泰司
 ベネズエラは、知られざる音楽の宝庫です。ウクレレ大きくしたような、4弦の楽器クアトロで、ベネズエラ音楽を弾いてみませんか。
【開催】原則毎月1回土曜日
【日時】1月18日(土)12:00〜14:00
【会費】2,500円/回
http://www.cafeycuatros.com/cat8223730/


◆Lectura de Literatura Latinoamericana
「ラテン文学を読む」 クラス

クラス1.
【講師】Hector Sierra(コロンビア出身)コロンビアの作家「ガルシア・マルケスを読む」
【講師の著作紹介】Hector Sierra<http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index=books-jp&field-author=Sierra%2CHector/250-6343853-5253022>
【日時】1月16日/30日 10:30〜12:00 (原則月2回第2第4木曜日)
【作品】Garcia Marquez 短編集

クラス2.
【講師】Andres Duarte Loza (アルゼンチン出身) アルゼンチンの作家「Manuel Puigの短編集を読む」
【講師プロフィール・活動詳細】 http://tataduarte.com
【作品】Boquitas pintadas
【日時】1月16日/30日(原則月2回第2第4木曜日)10:30〜12:00

クラス1.2.とも会費:¥4,000 (月謝制) (コーヒー菓子付き)
 両クラスともnativeの講師と共に中南米の現代文学の代表的作家の短編を読みながら、各文章や背景の深い意味を理解し、スペイン語の豊かさや美しさを実感します。
見学も可能(30分無料)です。
予約はお早目にどうぞ!

◆ギターと歌唱教室 Clase de Guitarra y canto

【講師】Carlos Cespedes (キューバ出身、ギター、ボーカリスト)
【講師】カルロス・セスペデス
【開催】(原則火曜日、金曜日日中)ご希望に応じて調整します。
個人レッスン、グループレッスン生徒募集中です。
ギターに触れたたことのない人もご安心下さい。丁寧で親切な指導ぶりが評判です!初心者大歓迎!
ギターを弾きながら、スペイン語で歌うことを目指す方も歓迎です。


◆第3回 『みんなで、ジャズやラテン、タンゴの映画を見る会』

 かっての映画の中に登場する歌手や演奏家達を思い出し、当時の生き生きした演奏の姿を再認識しましょう。
【開催日】原則として毎月1回第2日曜日、各会洋画、邦画の2本立て
【会費】毎回1,000円(1本でも2本でも同一)
【会場】ラテン文化サロンCafé y Libros
【開催日時】1月12日(日)

1.「ジャズ娘乾杯」 午前10:15分〜12:15分まで
東宝映画 1995年
【主演】雪村いずみ、伴順三郎、江利チエミ、ペギー葉山、フランキー堺、柳沢真一、高英男なども出演、当時のポピュラーボーカルが楽しめます。

2.「世紀の女王」(アメリカ 1944) 午後0:30〜14:30
【主演】エスター・ウイリアムス、レッド・スケルトン、ザビアクガー楽団、ハリー・ジェイムス楽団(ヘレン・フォレスト)、エセル・スミスのハーモンドオルガン、カルロス・ラミレスが登場します。

【お問い合わせ】 Café y Libros 03-6228-0234 / 高橋研二 048-839-7091
[掲示板に戻る全部 次100 最新50
BluesBB ©Sting_Band
検索
当協会HPリンクバナー

ラテンアメリカ協会ホームページリンクバナー
バナーが出来ました。リンクご希望の方はinfo@latin-america.jpまでお知らせ下さい。