ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

メインメニュー

図書案内

新刊書を中心に紹介して下さい。

1: 『新興国家の世界水準大学戦略−世界水準をめざすアジア・中南米と日本』(1)   2: 『ビジネス用語集 Glossário de Termos de Negósios』『Doing Deals in Brazi(日本語版)』(1)   3: 『スペシャリテ2013 別冊専門料理 SPECIALITES −南米ガストロミーの衝撃』(1)   4: 『南・北アメリカの比較史的研究−南・北アメリカ社会の相違の歴史的根源』(1)   5: 『ただ影だけ』(1)   6: 『多面体のメキシコ − 1960 年代〜 2000 年代』(1)   7: 『世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ−エル・システマの奇跡』(1)   8: “Los japoneses en Bolivia−110 años de historia de la inmigración japonesa en Bolivia"(1)   9: 『世界地誌シリーズ 6 ブラジル』(1)   10: 『躍動するブラジル −新しい変容と挑戦』(1)   11: 『るるぶ情報板 C  ブラジル・アルゼンチン』 (1)   12: 『国際理解に役立つ 世界のお金図鑑 K綿董γ翔酳董Ε▲侫螢』 (1)   13: 『世界のともだち 03 ブラジル −陽気なカリオカ ミゲル』 永武 ひかる(1)   14: 『語り−移動の近代を生きる あるアルゼンチン移民の肖像』 辻本 昌弘 (1)   15: 『AMAZON DOLPHIN アマゾンのピンクドルフィン』 水口 博也 (1)   16: 『月刊 たくさんのふしぎ マチュピチュをまもる アンデス文明5000年の知恵』 白根 全(1)   17: 『古代マヤ −石器都市文明 増補版』 青山 和夫 (1)   18: 『星の王子さまとサン=テグジュペリ −空と人を愛した作家のすべて』(1)   19: 『旅の深層 −行き着くところが、行きたいところ アフリカ、ブラジル、ダバオ回遊−』  組原 洋(1)   20: 『見た、聞いた! キューバ改革最前線』 千葉県アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(1)   21: 『アルゼンチン音楽手帖』  栗本 斉(1)   22: 『Vovô Ostra e Shiguebô(カキじいさんとしげぼう)』  畠山 重篤 (1)   23: 『共生の大地 アリアンサ −ブラジルに協同の夢を求めた日本人』 木村 快(1)   24: 『ブラジル日本移民百年史』 −全5巻 4分冊 (1)   25: 『ドミニカ共和国を知るための60章』  国本 伊代編(1)   26: 『真珠の世界史 −富と野望の五千年』 山田 篤美(1)   27: 『ラテンアメリカ鉄道の旅 −情熱の地を走る列車に乗って』 さかぐちとおる(1)   28: 『インカ帝国 −大街道を行く』 高野 潤(1)   29: 『マチュピチュ探検記 −天空都市の謎を解く』 マーク・アダムス 森 夏樹訳(1)   30: 『インディアスの破壊についての簡潔な報告』 ラス・カサス 染田秀藤訳(1)  

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 (2) 3 4 5 ... 91 »

1 『多面体のメキシコ − 1960 年代〜 2000 年代』
webmaster


桜井 敏浩 2014-1-24 2:16:35  [返信] [編集]

 1966 年からメキシコ研究に40 年間関わってきた著者(アジア経済研究所務の後高知大学ならびに中部大学教授)の長い研究成果の一端を集大成したもの。農地改革、各地でのエヒード(農地改革後に導入されたメキシコ独自の土地制度)とコムニダ・インディヘナ(先住民共同体)の調査によって、農村の実態や農業政策を分析している。それと合わせて1960 年代後半から2000 年代にかけて直面した様々な歴史的事件や政治経済変動をも観察して論じており、ある意味では主観的メキシコ論であると著者も述べている。メキシコ文化の一面を素描した7 本のコラム、参考文献、人名・地名・事項・欧文略号索引も付いていて、書名どおり“多面的”なメキシコ解説書になっている。

(石井 章 明文書房 2013 年10 月 320 頁 1,600 円+税)
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 『世界でいちばん貧しくて美しいオーケストラ−エル・システマの奇跡』
webmaster


桜井 敏浩 2014-1-24 2:15:19  [返信] [編集]

 ベネズエラの音楽活動参加によって青少年が非行に走るのを防ぐ活動である“El Sistema”(「国立財団ベネズエラ児童青少年オーケストラ・システム」は、1975年に音楽家であり経済学者、政治家でもあるアブレウ氏が始め、そこから選抜されたメンバーによるシモン・ボリバル交響楽団、ドゥダメルはじめ幾多の名指揮者や名演奏家を輩出していることで、日本でも知られるようになり、来日公演も行われている。著者は米国の音楽教育者で評論、小説も書いており、ドゥダメル指揮の演奏に衝撃を受けて以来、ベネズエラを何度も訪れて、エル・システマの創生期から躍進、音楽教育に革命を起こしたアブレウの功績、システマとそのオーケストラの世界での評価と米国で広がる音楽教育プログラム、音楽とコミュニティを繋げる市民音楽家としてのドゥダメルの姿を熱っぽく紹介している。
 なお、エル・システマについては、『貧困社会から生まれた“奇跡の指揮者”−グスターボ・ドゥダメルとベネズエラの挑戦』(山田真一 ヤマハミュージックメディア 2011 年)、『エル・システマ ―音楽で貧困を救う 南米ベネズエラの社会政策』(山田真一 教育評論社 2008 年)があり、合わせ読むといい。

(トリシア・タンストール 原賀真紀子訳 東洋経済新報社 2013 年9 月 276 頁 1,800 円+税)
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 “Los japoneses en Bolivia−110 años de historia de la inmigración japonesa en Bolivia"
webmaster


桜井 敏浩 2014-1-24 2:13:27  [返信] [編集]

 2000 年3 月に刊行された日本人ボリビア移住100 周年記念誌『ボリビアに生きる』を基に、21 世紀に入っての10 年間を追補して、110 年間の日本人のボリビア移住史と現状を、スペイン語でしか読めない日系二世・三世およびボリビア人読者向けに翻訳・編纂したもの。日本人ボリビア移住者とその子孫たちの体験と努力、ボリビア各地で生き抜いてきた日系社会の実績を世代を超えて語り継ぐとともに、一般のボリビア人にも日系社会の歴史と果たしてきた貢献を知らしめんとする労作。                

(Iyo Kunimoto (Coordinadora), Federación Nacional de Asociasiones Boliviano-Japonesas y Asociasión Nippon-Bolivia
 ボリビア日系協会連合会。日本ボリビア協会共同訳 国本伊代監修 Plural Editores 2013年9月 359頁 日本での購入は、2,000円.... )
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 『世界地誌シリーズ 6 ブラジル』
webmaster


桜井 敏浩 2014-1-24 2:11:41  [返信] [編集]

 多様性に満ち、急速に変わりゆくブラジルを正確に理解するために地理学的視点から総合的に紹介しようと、11 名の様々な分野の専門家が纏めた地誌。1. 総論−発展と地域的多様性、2. 多様な自然環境と環境問題、3. 都市の形成と発展、4. 多人種多民族社会の形成と課題、5. 宗教の多様性と宗教風土の変容、6. 音楽の多様性とその文化的背景、7. アグリビジネスの発展と課題−大豆・バイオ燃料生産の事例、8. 観光の発展とその課題、9. 日本移民、10. 日本の中のブラジル社会、11. ブラジルと世界、そして日本という内容を網羅し、それぞれの章により好奇心をそそるコラムを添えている。
大学等での教科書としての活用を想定し、巻末に参考図書、統計資料、人名・事項索引も付けてあり、ブラジルを総合的に把握する基礎資料としてきわめて有用である。

(丸山 浩明編 朝倉書店 2013 年10 月 176 頁 3,400 円+税)
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

1 『躍動するブラジル −新しい変容と挑戦』
webmaster


桜井 敏浩 2014-1-24 2:05:47  [返信] [編集]

 2012 年にアジア経済研究所で立ち上げた「新しいブラジル」研究会での成果に、13 年6 月の民衆抗議デモの勃発による情勢急変を可能な限り取り入れて、社会科学系のブラジル専門家7 人がそれぞれの専門分野から分析した最新のブラジル解説。編者(アジア経済研究所副主任研究員)による序章−近代国家誕生からの軌跡、終章−各章の総括と躍動するブラジルの「新しさ」のほか、第1 章の民主化と現在進行形の政治改革(堀坂浩太郎上智大学名誉教授)では3権と中央・州・ムニシピオ間のパワーシェアリングなどを、第2 章の経済の新しい秩序と進歩(浜口伸明神戸大学教授、河合沙織神戸大学大学院)はインフレとの闘いと経済成長を、第3 章の環境変化に応じての新たな企業の三脚構造の関係(二宮康史アジア経済研究所副主任研究員)は市場開放政策にともなう企業環境変遷とルーラ政権以降の政府の役割の見直しを、第4 章では社会保障の整備と選別主義の試み(編者)は近年の社会変化と社会保障の普遍化を、第5 章は外交におけるグローバル・プレーヤーへの道(子安昭子神田外国語大学准教授)でカルドーゾ、ルーラ、ルセフ三代の政権の外交を比較し、第6 章の開発と持続可能性(小池洋一立命館大学教授)は、農業とアグリビジネス、バイオエネルギーと持続的開発を取り上げている。
 いずれもこの十数年のブラジルの著しい変容の実態とその背景、課題と今後の展望を知る上で極めて示唆に富む分析である。

(近田 亮平編 JETRO アジア経済研究所 2013 年11 月 211 頁 2,600 円+税)
全部読む 最新50 1-100 板のトップ リロード

 新規投稿 | スレッド表示 | ツリー表示 | 投稿順表示 | i-mode | トップ 
« 1 (2) 3 4 5 ... 91 »

BluesBB ©Sting_Band
検索
当協会HPリンクバナー

ラテンアメリカ協会ホームページリンクバナー
バナーが出来ました。リンクご希望の方はinfo@latin-america.jpまでお知らせ下さい。